kotarosandayoneの日記

街道歩きを中心に、風景などをアップしています

伊勢街道~伊勢別街道を歩く JR紀勢線一身田駅~高茶屋駅 約13キロ☀

2021年も残り20日を切りました。

自宅では換気扇のお掃除などをしましたが、同居の家族が2人から1人になったので

ご飯をつくっても余るので、出来合いのものを買ってくることが多くなりました。

料理でも食べてくれる人がいないと張り合いがありませんね。

もし将来1人暮らしになったらどうして生きていくのでしょうか?

そうならないように今からでも何とかするとしましょう(笑)。

そもそも「1人暮らし」ほど不経済なものはありませんからね。

収入のある現役のうちはまだ良いとしてもです。

前置きはこれくらいにして、趣味の街道歩きです。

f:id:kotarosandayone:20211212093726j:plain

「ちゃんと歩ける 伊勢参宮道 善光寺街道」(山と渓谷社

常に持ち歩くので本の縁をあらかじめ補強しないとぼろぼろになってしまうのです。

長野県善光寺まで連れて行きましたから(本に連れて行ってもらった、とも)。

ところで4年位使っていたカメラを新調しました。全く同じもの

f:id:kotarosandayone:20211212094137j:plain

左が通販サイトで買った中古品(状態良) 右が新品で購入し愛用してきたもの 値段は倍

古い方を誰かに差し上げようとも思ったが、2つを比べてみると性能も落ちて来ているのが良く分かったので、思い切って処分しようかなと思います。

右のカメラは全国をずいぶん歩いてまわりました。松尾芭蕉並みとはいかないまでも。

なので、今日は新しい方のカメラのデビュー戦です。

f:id:kotarosandayone:20211212095340j:plain

まずは津市一身田の自宅からJR一身田駅まで 寺内町と奥に錫杖ヶ岳

f:id:kotarosandayone:20211212095543j:plain

JR一身田駅から高茶屋駅まで 鉄道でワープして、高茶屋駅から伊勢街道を北へ

f:id:kotarosandayone:20211212095713j:plain

f:id:kotarosandayone:20211212095944j:plain

同じお家を2方向から撮ったもの 松の葉が黄色くなっているのが気にかかります

f:id:kotarosandayone:20211212100137j:plain

このあたりの地名の元となっている高茶屋神社 11日正午ごろ

【リンク】三重県神社庁のページ「高茶屋神社」なかなか興味深いです

神社検索 (jinja-net.jp)

今日の歩き旅は、回り道をしても15キロにも満たないので気楽です。

写真には上げませんでしたが、伊勢街道は思ったより休憩場所が少ない(東海道などと比べて)ので、ここを歩くときはベンチと囲いのある「藤方」バス停で小休止します。

f:id:kotarosandayone:20211212100854j:plain

『高郷井用排水路改修竣工紀念碑』三重県知事田中覚 署名は直筆でしょう

田中覚知事は昭和30年から昭和47年まで三重県知事を務め、初当選時は当時全国最年の知事だったそうです(45歳)。

四日市コンビナートとライフラインの整備を進め、一方で四日市ぜんそくの公害訴訟で企業側が敗訴した時に、企業側に控訴しないよう働きかけたという事です。

激動の知事時代だったようです。

f:id:kotarosandayone:20211212103508j:plain

思案橋」津からまっすぐ伊勢に向かうか、香良洲神社に寄ろうか思案した街道の分岐点です

f:id:kotarosandayone:20211212103702j:plain

明治天皇が八幡地区を訪れた時の記念碑です 新しいお家の庭にあります

f:id:kotarosandayone:20211212104420j:plain

安濃郡と旧一志郡の境にあった子安地蔵

f:id:kotarosandayone:20211212104617j:plain

「寛保三年」とあります 知られた元号ではないが将軍吉宗の頃 今から約280年前

f:id:kotarosandayone:20211212104826j:plain

f:id:kotarosandayone:20211212104951j:plain

明治20年創業の山二造酢株式会社

f:id:kotarosandayone:20211212105428j:plain

会社のHPから拝借いたしました

f:id:kotarosandayone:20211212105640j:plain

市杵島姫神社(いちきしまひめじんじゃ)地域の氏神様です

f:id:kotarosandayone:20211212110110j:plain

エンマ堂の閻魔様 2代目津城主が津の城下町の南側の守護としてお寺を建てたそうです

【リンク】みえの歴史街道/ウォーキング・マップ:伊勢街道 (mie.lg.jp)
この辺りのところはリンク先に詳しいので、いちど検索してみてください。

f:id:kotarosandayone:20211212110633j:plain

一度に4人が亡くなった国道23号線 中央分離帯の開口部です 以後ふさがれました

f:id:kotarosandayone:20211212110753j:plain

高茶屋駅から歩いて1時間半で、岩田橋に着きました

f:id:kotarosandayone:20211212110943j:plain

津の最高気温は18℃でした 風もなく暖かかったです 左奥の白い高いビルは三重県で一番預金量の多い地方銀行の電子計算センタービル(サーバー)です

f:id:kotarosandayone:20211212111517j:plain

伊勢街道は日本三観音の津観音に向け直進します(南から)

現在でも節分祭の時は賑わいますが、往時はどれほどの賑わいだったのでしょうね。想像もつきません。

伊勢街道は津観音の仁王門前で90度曲がります。

f:id:kotarosandayone:20211212112624j:plain

37年前にこのお店でエレキギターを買いました 今もたまに触ります 音楽を弾くというよりも、将来に向けた手の指のリハビリです(笑)

f:id:kotarosandayone:20211212114145j:plain

津銘菓の平治せんべいでお土産を買いました

津の観音様を拝んだりして、ゆっくり旅人のように時間を過ごしました。

f:id:kotarosandayone:20211212115326j:plain

津市安濃川の塔世橋 戦時中の弾痕跡を保存しています 機銃掃射の跡でしょうか

f:id:kotarosandayone:20211212115932j:plain

f:id:kotarosandayone:20211212120028j:plain

四天王寺 何と織田信長の母親のお墓があります!

織田信長の母、土田御前(どたごぜん・つちだごぜん)と信長の弟の信包(のぶかね)は津市で暮らしていたのですが、土田御前が信長を生んでいなかったら今の世の中はどうなっていたのでしょうか?? 

ドラえもんに聞いてみたいですね。(みんな英語をしゃべっているとか??)

2020年のNHK大河ドラマ麒麟が来る」では檀れいさんが土田御前を演じ、信長を大変疎んじていました。

f:id:kotarosandayone:20211212121906j:plain

津駅前 伊勢街道沿いにある焼肉屋さんです

f:id:kotarosandayone:20211212122556j:plain

先日、こんなお肉をここで食べました! これで1品5000円 !(^^)!

f:id:kotarosandayone:20211212122714j:plain

津駅周辺は再開発や建て替えが進んで、伊勢街道の名残が少なくなってきています

f:id:kotarosandayone:20211212133704j:plain

江戸橋の常夜灯 安永6年(1777年)建立

伊勢参りに江戸から歩いてきた人、京都から歩いてきた人が最初に落ち合い、伊勢からの帰りにはここでお別れするという日本有数の追分の常夜灯にしては、現在、やや遠慮がちに「江戸橋」のたもとに立っています。

子供のころから見慣れた風景ではありますが、今も昔もこの鳥居が行きかう人々や車を見つめています。

f:id:kotarosandayone:20211212135410j:plain

近鉄江戸橋駅前を行く 特急アーバンライナー8両編成 名古屋と大阪を結ぶフラッグシップ車両の座は「特急ひのとり」に譲ったものの、まだまだ現役です

f:id:kotarosandayone:20211212135806j:plain

f:id:kotarosandayone:20211212095543j:plain

伊勢別街道 津宿~窪田宿と、最初に紹介した伊勢街道 津宿~雲出宿の写真

雰囲気もあまり変わらないという事で、今回もしめたいと思います。

2021年12月12日(日)更新